シャンプー後のきしみ

市販のシャンプーを使うと、洗い流した後も、ヌルヌルすると感じたことはありませんか...

市販のシャンプーを使うと、洗い流した後も、ヌルヌルすると感じたことはありませんか?

それは石油系界面活性剤を使用しているのも原因のひとつかもしれません。すすぎをかなり長くしても、やっぱりヌルヌルしています。

石けんシャンプーで洗うと逆に洗い流した後はきしみます。触ったときに硬くてツヤが全部落ちてしまったような気になります。

洗い流した後、ヌルヌルする石油系界面活性剤入りの市販シャンプーと、洗った後にきしんでしまう石けんシャンプーだと、石油系界面活性剤入りの市販シャンプーのほうがいいような気がします。ヌルヌルは、しっとりしているということで、乾いた後に髪がつややかになりそうです。

しかし、事実は逆で、きしんでしまう石けんシャンプーのほうが、髪のためにはいいのです。石油系界面活性剤入りの市販シャンプーを使った後に、ヌルヌルしているということは、きちんとシャンプーが落ちていないということです。

シャンプーが落ちていないと、頭皮、毛根にシャンプー分が残留しているので、肌トラブルのもとになってしまいます。髪と地肌が痛んで、パサつきや切れ毛、抜け毛の元になってしまいます。

反対に石けんシャンプーは、きちんと石けん分が落とされているので、肌に負担がかかりにくいです。こちらの方が、髪と地肌を健康に保つことができると言えるんですね。

通販で販売されている無添加の石けんシャンプーでは、石けんで洗う良さを保ちつつ、天然の成分を配合するなどして独自製法できしみを抑えたタイプが販売されていますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


Copyright © オーガニックシャンプー通販の人気ランキング. All rights reserved